Photographer

SHIMADA Maki

  • 家族写真への想い
    撮影直後に感じる思いと時間が経つにつれて気付く思いは違ってくるかもしれないけれど、家族写真は言葉や文字では表せない、家族それぞれの表情で過去から未来までも語れるもの。その写真の中の表情にたくさんの気持ちが乗っかり、何かのタイミングでその地点からまた、過去から未来まで語る。そんなことを繰り返しながら、褪せない家族への気持ちと共に家族写真が大切な支えだったらと思っています。
  • 私が出会った「この瞬間」
    私が出会った「この瞬間」  ご両家が揃うお宮参りのご家族の撮影。撮影終盤に曾祖父母も加わり、生まれたばかりのお子様に駆け寄りました。曾祖母が言葉を発するよりも先にお子様の手をそっと握りとても嬉しそうに見つめ、微笑んだ瞬間。「こうやって家族は繋がっていくんだなー」と夕日が傾き光射す中で、ほっこりしました。指先から暖かみを感じたシーンでした。
    ご両家が揃うお宮参りのご家族の撮影。撮影終盤に曾祖父母も加わり、生まれたばかりのお子様に駆け寄りました。曾祖母が言葉を発するよりも先にお子様の手をそっと握りとても嬉しそうに見つめ、微笑んだ瞬間。「こうやって家族は繋がっていくんだなー」と夕日が傾き光射す中で、ほっこりしました。指先から暖かみを感じたシーンでした。
  • Message
    お宮参り、お食い初め、七五三と子どもの成長を祝うイベントはたくさんあります。それでもそれは日常であって、大切な思い出のひとつになります。“1日1日の思い出が人生 デイリーな瞬間こそがかけがえのないもの" これからも続く家族の“今日”をカタチにしましょう。

Profile

奈良県出身。幼い頃から現在に至るまで将来の夢は旅人。ウェディングフォトグラファーを経て現在は家族などを撮影。大学在学中にアジア圏を旅し、神様と共に生きる人びとに惹かれ今なお追掛け中。

PHOTOGRAPHERS