伊勢山皇大神宮での七五三写真撮影 完全ガイド! 【2024年6月最新版】

七五三はお子さまの節目の大切な家族イベントです。
ご家族の「思い出に残る七五三」として出張撮影を検討される際、ご参考いただけるような役立つ情報をまとめてみました。

七五三・お宮参りのプロフェッショナル家族写真の出張撮影専門のLIFESNAP(ライフスナップ)はおかげさまで11周年を迎えました!これまでにお伺いの多い人気の寺社の中から、今回は神奈川県横浜市西区にある伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)での七五三についてご紹介します!

「ご祈祷はどうしよう?」
「神社での出張撮影ってどんな感じだろう?」
「コロナ禍を経て、現在神社の様子はどうなっているかな?」

・・・お悩みの方はぜひご一読下さい!




〜はじめにお読みください〜
LIFESNAPの寺社でのご祈祷と記念撮影の方針


LIFESNAPでは、寺社での撮影は当日ご祈祷やご祈願を予定されているお客さまのご依頼をお引き受けしております。

私たちは、皆様が願いや感謝をこめて手を合わせてお祈りされることを大切に考えております。ご家族が計画されるお宮参りや七五三詣りに同行し、ご祈祷やご祈願を受けられるご家族さまのその日の思い出を残す記念撮影をさせていただいております。

神社仏閣は多くの人に開かれた場所ですが、撮影場所ではなく、お参りやお祈りをする神聖な場所です。信仰には、ご家族ごとにさまざまなお考えがあると思いますが、寺社がご自身あるいはどなたかの大切な「祈りの場」であることを尊重し、いま一度ご賢察ください。

カメラマンもまた、ご家族さまの思いを受け、良きお参りの日のサポートができるよう、寺社ごとのルールとマナーを遵守し、他のご参拝の方へのご迷惑とならぬよう十分に配慮しながら、皆さまの素敵な思い出の写真を残したいという思いでおります。

ご祈祷やご祈願予定のない場合のご依頼は、お断りさせていただいております。さまざまな見解があると思いますが、私たちの記念撮影の方針をご理解いただければ幸いです。



伊勢山皇大神宮ってどんなところ?

横浜市西区の伊勢山皇大神宮は、桜木町駅から近い高台にあります。創建は明治3年(1870)、横浜の総鎮守、また神奈川県の総氏神として国費で建てられました。三重県の伊勢神宮との関係は深く、御祭神は同じ天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。家内安全、合格、健康、交通安全、安産、病気平癒などさまざまなご利益があるとされ、「関東のお伊勢さま」と呼ばれ信仰を集めています。
令和2年(2020)に創建150年を迎えるにあたり、大規模な記念事業が行われ、伊勢山皇大神宮は新たな御本殿となりました。この御本殿は、伊勢神宮の式年遷宮に伴い建て替えられた旧社殿をそのままに譲り受けた貴重なお社です。
境内は約3900坪と広く、春には桜の名所としても知られています。横浜の国際港都としての歴史とともに、日本らしい風情を感じる心の拠り所として存在し続けています。



撮影でのおすすめシーンをご紹介


伊勢山皇大神宮での各シーンの様子やカメラマンのポイントと併せてご紹介します◎


● 一の鳥居/表参道
階段中ほどに一の鳥居があります。こちらから階段を上り、境内へと向かいます。
なお、神社の駐車場入り口は階段の右にあります。


慣れないお着物や草履ですので、階段は普段よりも慎重に◎
七五三のシーズンは、立て看板が設置されていることもあります。
また少し上って、先ほどの一の鳥居を背にしたカットも撮りながら◎
途中、左右に階段が分かれます。
左の階段は境内へと続くのですが、
まずは、右の階段で広場へと向かいます・・・


● 二の鳥居
広場では、鳥居や境内を背景にした神社らしい一枚を撮ることができます。こちらは総檜の鳥居です。
同じ場所でもナチュラルな雰囲気も◎


少し撮影したら、広場をあとにして二の鳥居の方へ階段を進みます。
境内の様子が見えてきました。


● 手水舎(ちょうずや/てみずしゃ)
境内に入る前に、左側にある手水舎に立ち寄り、手や口を清めましょう。



● 注連柱(しめばしら)
二本の石柱に注連縄を張った、神社の鳥居の原型ともいわれています。伊勢山皇大神宮の石柱は日本で一番大きいそうです。


注連柱の前で元気な1枚!
集合写真も撮ります。
注連柱より先が境内です。


くぐる時に、一礼します。


● 拝殿・御本殿
お賽銭などの参拝をする拝殿が手前にありますが、その奥に神様を祀った御本殿があります。
御本殿は、三重県の伊勢神宮より2013年の第62回式年遷宮で建て替えられた旧社殿(内宮西宝殿)を譲り受け、伊勢山皇大神宮にそのままに移築されたものです。


まずはご参拝。
伊勢山皇大神宮は「二礼二拍手一礼」が参拝儀礼です。
ご参拝の記念!
本殿前から少し離れると、特徴的な拝殿の屋根まで映る写真も撮れます。


● ご祈祷
境内右手にある、社務所でご祈祷受付を行います。
浄衣(じょうえ)という首かけは代表者の方が掛けます。
袋に入った記念品をいただきます。
ご祈祷は、社務所横から少し歩いて下った先にある記念館内の祈祷殿で行われます。
記念館に到着。
待合スペースで時間まで待ちます。
記念品をチェック!
御守りのほか、絵本や折り紙、紙風船などが入っていました◎
休憩をしながら、緑いっぱいのガラス窓際、
楽しそうなご様子も。


ご案内に従って祈祷殿へと進みます。
ご祈祷の時間は20分ほどです。
カメラマンは中に入れませんので、外で待機します。


祈祷を終えられたところで合流。


ふたたび、本殿の方へと戻ります。

境内は時期や時間帯によっては、下の写真のように混み合うことも。
七五三時期の混雑について
例年、七五三の日の前後の週末を中心に、大安などのお日柄の良い土日祝日、時間帯では午前が混雑傾向にあります。
混雑が心配という場合、「土日祝日より平日」「午前よりも午後」と時間や曜日を調整したり、「時期をずらした10月前半や12月」に行うなどすると、ゆったりとした撮影がしやすいのでおすすめです◎


● 七五三詣の記念
七五三時期に境内に記念の看板が設置されています。
混雑日は、こちらでの撮影も人気で混み合うので、交代で行われます。
カメラマンがタイミングを見て、テンポ良く撮影します◎


● 千歳飴と一緒に
伊勢山皇大神宮の千歳飴袋は、受付所で初穂料1,000円を納めるといただけます。
千歳飴袋を手にした写真は七五三らしさが感じられます。


ちなみに・・・
LIFESNAPにも千歳飴袋があります!
「LIFESNAPオリジナルの千歳飴袋」
後から写真を見たら「千歳飴の袋が裏返しで写っていた」ということがおこらぬように、両面が表のように持てる千歳飴袋を作りました!
イラストレーター・松尾ミユキさんに描いていただいた、やわらかいタッチの生きものや植物、とってもすてきな絵柄です◎
>>「写真屋さんがつくった千歳飴袋 ってどんなもの?」


● その日だけの特別な'装い'を写真に

紅さしの瞬間や
七五三のお化粧をほどこした目元も印象的。
'赤'には、魔除けの意味があるそうです。

かんざしや髪飾りもアップで。
後ろ姿、華やかな帯のつくりもバッチリ!
男の子は、羽織の絵柄もしっかり!
扇子を手にした1枚もかっこいいですね。


境内をさらに移動しながら・・・
撮影を進めます。


● 照四海(しょうしかい)/横浜ランドマークタワー
「世界の海を照らす」という想いが込められた境内入り口にある常夜灯「照四海」、そして奥には、みなとみらいにそびえ立つ横浜ランドマークタワー。
新旧の横浜の象徴的存在が写る1枚です◎


● 境内の樹々や紅葉と
敷地内にはたくさんの樹木があり、きれいなグリーンの背景で撮れます。さらに、例年11月下旬ごろには、紅葉も見られ一層華やかに。
あでやかなモミジ、
境内の色々な樹々が色づきます◎
秋の境内。
お子さまたちは、落ちているどんぐりを見つけるのが上手!
写真に残すと、とってもかわいらしいシーンになります◎


境内と表参道の入り口につながる別の階段、
緑に囲まれ、表参道よりも人も少なめです。階段上から、下から・・・とカメラマンはアングルを変えながら撮影します。


こちらはところ変わって、記念館の脇にある、静かな裏参道の階段。
樹々を活かして、素敵な1枚に。


● 和傘と一緒に
混雑を避けた場所で、時には和傘を用いた撮影もしています。
赤のほかに紫も。
和傘は無料でご用意◎
LIFESNAPでは「赤」と「紫」の傘を無料でご用意しています。お着物の色味やお子様の好みに合わせてお選びいただけます。和傘をご希望の方は事前にお声がけください。
*雨天時や混雑時には使用できませんのでご了承ください。



● 休憩でリフレッシュ
慣れないお着物や草履ですから、疲れてきたら休憩もたいせつです◎
お靴を一足持参していただくと、時々履き替えることでリフレッシュになります。
疲れた時は、お菓子をひとくち◎
ラムネやたまごボーロはお口の中で溶けやすく、撮影途中でもおすすめです。
一方で、みんな大好きな千歳飴ですが、細長い形状の飴のため一度開けてしまうと、口元や手が汚れやすいのでご注意を!
千歳飴はお参りの最後の方のタイミングをおすすめします。


さまざまな写真をたっぷりと撮り終えたところでおしまいです◎




カメラマンからメッセージ


「横浜での七五三といえば、伊勢山皇大神宮!というくらい、これまでも多くの七五三に同行してきました!神社は150年記念事業を終えられたばかりで、伝統を大切にされながら境内は整備されていて安心です。 印象的な注連柱越しの社殿を背景の一枚のほかにも、境内の樹々の緑を生かしたお写真など様々に撮らせていただいています。カメラマンの方で当日の状況をみながら、撮影していきますので、まずはお参りの日を楽しむ気持ちでお越しください!
みなとみらいにも近いので、七五三を終えてからのご会食も計画しやすいです◎市内どちらからでもアクセスは良いかと思いますが、お車でお越しの際、神社の無料駐車場は七五三時期は大変混み合いますので、ご注意くださいね!」



伊勢山皇大神宮の基本情報・アクセス

所在地: 神奈川県横浜市西区宮崎町64番地
電話: 045-241-1122(受付時間 午前9時より午後5時まで)
参拝時間: 午前9時より午後5時まで

アクセス:
■電車をご利用の場合
桜木町駅(JR線・市営地下鉄線)より徒歩10分
日ノ出町駅(京浜急行)より徒歩10分
みなとみらい駅(みなとみらい線)より徒歩15分

■バスをご利用の場合
紅葉坂バス停より徒歩5分
戸部1丁目バス停より徒歩5分
首都高速横羽線みなとみらいランプより5分

■お車をご利用の場合
首都高速横羽線:みなとみらいランプより5分
東名高速・保土ヶ谷バイパス・横浜横須賀道路:
狩場インターから高速3号阪東橋ランプより7分
※県立青少年センター、県立図書館側からは
 駐車場に入ることが出来ませんのでご注意下さい

伊勢山皇大神宮には25台駐車可能な無料駐車場があります。
※ただし七五三などの混雑時は満車になる可能性がありますので、近隣の有料パーキングの利用も検討ください。




伊勢山皇大神宮の七五三のご祈祷情報などQ&Aまとめ

◎伊勢山皇大神宮の七五三ご祈祷について◎

Q.ご祈祷受付はどちら?
― 境内右手の社務所にある受付所にて。

Q.受付はいつから?
― 事前の予約はなく、当日の受付となります。
基本的には午前9時から午後4時まで受付されています。

Q.祈祷の所要時間の目安は?
― 15〜20分ほどです。

Q.ご祈祷料は?
― 七五三のご祈祷は初穂料は、2024年7月1日に改定され、次の通りとなります。
【2024年7月1日より】​
祝い子 1人​:1万2千円(祈願札、お守り、記念品、千歳飴)
祝い子 2人​:2万円
祝い子 3人​:2万8千円
*なお、改定後は七五三初穂料内に「千歳飴」も含まれるとのことです。

Q.11月の七五三シーズン以外も、七五三のご祈祷はできる?
― 年間を通じて七五三のご祈祷を受け付けています。

Q.11月の七五三ピーク混雑日の注意点は?
― 近年の状況からも、境内は多くの人でたいへん混み合います。なるべく混雑を避けたい場合は午前より午後、土日祝日よりも平日をおすすめします。ご祈祷は随時行われていますが、多くのお申し込みが集中するタイミングでは、待ち時間が発生する可能性もあります。当日のスケジュールは余裕をもって組むことをおすすめします。
また、お車でお越しの際は無料駐車場がすぐに満車になりますので、近隣のコインパーキングもご検討ください。

Q.昇殿人数の制限は?
― 混雑状況により人数を制限する可能性もございます。


◎撮影・その他◎

Q.撮影許可について
― 伊勢山皇大神宮では、ご祈祷を受けられる方を対象として、個人依頼のプロカメラマンによる撮影を許可されていますが、当日は、社務所への声がけをさせていただいております。ご祈祷にはカメラマンは立ち入ることはできませんので、撮影の途中で祈祷に入られる場合、終わるまでカメラマンは外で待機させていただきます。また、他のご参拝客の皆様のご迷惑とならぬよう、気持ちのよい撮影を行っておりますので、ご家族様におかれましてもご協力をお願いいたします。

Q.出張撮影をする場合、祈祷はどのタイミング?
― 撮影前または後にご祈祷に入られたりと様々です。LIFESNAPの場合は、ゆとりある時間設定なので、撮影の途中に祈祷に入られれても十分撮影可能ですが、スケジュールにあわせてご提案可能ですので、ご相談下さい◎

Q.撮影後に近くで会食ができるところは?
― これまでに度々お伺いさせていただいた近隣のお食事処は、梅の花 横浜スカイビル店、木曽路 馬車道店、京懐石 美濃吉 横浜ランドマークプラザ店 などで、ほかにも様々なお店がございます。

※上記の情報は、伊勢山皇大神宮の公式ホームページをもとに記しています。公式ページ情報も併せてご確認下さい。




LIFESNAPの伊勢山皇大神宮の七五三撮影フォトレポート

これまでたくさんお伺いした伊勢山皇大神宮の雰囲気や3歳・5歳・7歳の年齢ごとの七五三の様子、ご家族ごとに様々な撮影の流れもわかります◎もっと、写真を詳しく見てみたい!という方はぜひフォトレポートをご覧下さい。



LIFESNAPの撮影参考ご案内


いかがでしたか?
七五三を考えている方にとって、少しでも参考になればと思います◎LIFESNAPでは、一生に一度しかないお子様とご家族の最初の記念を丁寧に残させていただきたい・・・という思いで日々撮影にお伺い中です!撮影に興味を持たれた方は、ぜひ撮影プランもご参考くださいね。
七五三参りのみの撮影
■七五三・1ロケーションコース(1ヶ所の撮影)
出張料:伊勢山皇大神宮の出張料は3,000円です
撮影時間:ゆったりの60〜90分
写真:厳選&色補正した100〜120カット以上お届け
プランのお値段:
▶データのみフォトデータプラン
35,000円(税込38,500円)~
▶フォトブック(20P)付きLIFEBOOKプラン
56,000円(税込61,600円)~*
*複数冊ご注文の2冊め以降は50%オフ価格になります

◯「秋の繁忙期期間」には別途料金が発生します→撮影日による料金をチェック
ヘアメイクお支度風景 + 七五三参り などの撮影
■七五三・2ロケーションコース(2ヶ所の撮影)
出張料:伊勢山皇大神宮の出張料は3,000円です
撮影時間:たっぷり120〜150分(*ご移動のお時間ご注意)
写真:厳選&色補正した150〜200カット以上お届け
プランのお値段:
▶データのみフォトデータプラン
44,000円(税込48,400円)〜
▶フォトブック(30P)付きLIFEBOOKプラン
65,000円(税込71,500円)〜*
*複数冊ご注文の2冊め以降は50%オフ価格になります

◯「秋の繁忙期期間」には別途料金が発生します→撮影日による料金をチェック



着物レンタルや着付けの手配について

ハレの日の様子をお着物で出張撮影したいけれど、「着物をもっていない…」「どこでレンタル・着付けをすれば良いかわからない」「ご自宅でリラックスしてお支度したい」など、衣装やお支度の悩みをお持ちの方のお手伝いをさせていただきます。
LIFESNAPでは、2022年9月より出張着付けサービスをスタート!2023年春からは、宅配着物レンタルサービスもはじまりました◎


■ 出張着付けサービス
ご自宅などのお着付け場所へと出張し、七五三や成人式のご主役はもちろん、 お母さまの訪問着などご家族の着物のお着付けも可能です。 オプションでヘアセットやメイクもサポートさせていただきます◎

▼ 詳しくはこちら ▼
https://lifesnap.jp/kitsuke/


■ 宅配着物レンタルサービス
京都の呉服屋さん「キモノカタログ」と提携、ウェブサイトの豊富なラインナップから お好きな着物をお選びいただける宅配着物レンタルサービスです。 小物類もコーディネイトして一式ご自宅やご指定の場所にお届けします。
また、ご主役のお着物に合わせて、ご両親・ごきょうだいのお着物もレンタルしていただけます◎

▼ 詳しくはこちら ▼
https://lifesnap.jp/news-blog/1537


+++


▼そのほか、おすすめの着物レンタル屋さんをご紹介▼
LIFESNAPがおすすめする、こだわりのお着物レンタル店やメイク・お着付けについてご紹介させていただいておりますので、ぜひ、チェックしてみてください!
>>「着付けからヘアメイクまでおまかせできる 東京近郊のこだわり着物レンタル屋さん」



ご相談はお気軽に◎
LIFESANPではご家族ごとのご希望に合わせ、
ご相談を承っております◎
詳しいプラン内容は
公式サイトの
『七五三プラン』をご覧ください!
CLOSE