News & Blog

寺社でのお宮参りや七五三
撮影マナー知ってますか?

 - 私たちLIFESNAPは 出張撮影の会社なので 寺社や公園、公共の場所での撮影のご依頼を 引き受けることが多くあります。 なかでもお宮参りや七五三は 寺社での撮影がほとんど。  そして、お宮参りや七五三の 寺社での撮影の場合 私たちは 「お客さまが企画されたお参りに同行している」 という心構えで 撮影を行ってきました。 -  -
私たちLIFESNAPは
出張撮影の会社なので
寺社や公園、公共の場所での撮影のご依頼を
引き受けることが多くあります。
なかでもお宮参りや七五三は
寺社での撮影がほとんど。

そして、お宮参りや七五三の
寺社での撮影の場合
私たちは
「お客さまが企画されたお参りに同行している」
という心構えで
撮影を行ってきました。
 - 近年は多くの寺社で 撮影に関するルール作りを 目にするようになりました。  最近の寺社のルールをご紹介すると ・ご祈祷した方のみ撮影可 ・ご祈祷後時間制限付きで撮影可 ・撮影料(シャッター料)の設定がある ・事前申請の提出が必要 ・撮影の事前講習を受講したカメラマンのみ撮影可 ・和傘やシャボン玉やバルーンなど、小物の持ち込み禁止 などなど 年々状況は変化しています。  -  -
近年は多くの寺社で
撮影に関するルール作りを
目にするようになりました。

最近の寺社のルールをご紹介すると
・ご祈祷した方のみ撮影可
・ご祈祷後時間制限付きで撮影可
・撮影料(シャッター料)の設定がある
・事前申請の提出が必要
・撮影の事前講習を受講したカメラマンのみ撮影可
・和傘やシャボン玉やバルーンなど、小物の持ち込み禁止
などなど
年々状況は変化しています。
 - このようなルールが作られるようになった背景には お宮参りや七五三で 出張撮影を利用するお客さまが増えたこと 出張撮影のカメラマンの数が増えてきたことなどが 考えられます。  気付かないうちに 撮影の際にマナーを守ることができていなかったり 撮影自体がまわりの人の迷惑になっていたり……。 このような状況を改善するために 寺社もルールを設定するようになってきたのだと思います。  -  -
このようなルールが作られるようになった背景には
お宮参りや七五三で
出張撮影を利用するお客さまが増えたこと
出張撮影のカメラマンの数が増えてきたことなどが
考えられます。

気付かないうちに
撮影の際にマナーを守ることができていなかったり
撮影自体がまわりの人の迷惑になっていたり……。
このような状況を改善するために
寺社もルールを設定するようになってきたのだと思います。
 - 寺社は撮影場所である前に 参拝場所であり、多くの人に開かれている場所。 公共性のある場所だから 私たちLIFESNAPは 不快な思いをする人がいないように 節度を守って いつも気を配っています。 寺社の敷地内をお借りしての撮影となりますから 寺社のルールを守ることが大切だと思っています。  -  -
寺社は撮影場所である前に
参拝場所であり、多くの人に開かれている場所。
公共性のある場所だから
私たちLIFESNAPは
不快な思いをする人がいないように
節度を守って
いつも気を配っています。
寺社の敷地内をお借りしての撮影となりますから
寺社のルールを守ることが大切だと思っています。
 - コロナ禍のこともあり 以前はできたけど 現在はできなくなっていることもあります。 事前確認がないと 当日写真が撮れなくなることもありますので 撮影を予定される寺社に対して 寺社での撮影ができるかどうか 撮影する際のルールについて お客さまご自身で事前に ご確認いただけるように お願いしています。 -  -
コロナ禍のこともあり
以前はできたけど
現在はできなくなっていることもあります。
事前確認がないと
当日写真が撮れなくなることもありますので
撮影を予定される寺社に対して
寺社での撮影ができるかどうか
撮影する際のルールについて
お客さまご自身で事前に
ご確認いただけるように
お願いしています。
 - コロナ禍で人と接することを 躊躇わなければならない今。 だからこそ、これまで以上に あたたかい心を持つことや 相手を思いやる気持ちが 大切なのではないかと 私たちは考えています。 気遣いの心があれば 自然とマナーは心がけられるし このことが 「撮影を楽しいものにする」 と思っています。  お宮参りや七五三は 一生に一度だけの大切な記念日。 私たちは お祝いの気持ちを携えて いつまでも心に残る 佳き日のお手伝いをさせていただきたいと 強く願っています。   ◎悩まれた際はいつでもご相談ください◎ ↓ お友だち追加してお問い合わせはLINEでお気軽に。  -  -
コロナ禍で人と接することを
躊躇わなければならない今。
だからこそ、これまで以上に
あたたかい心を持つことや
相手を思いやる気持ちが
大切なのではないかと
私たちは考えています。
気遣いの心があれば
自然とマナーは心がけられるし
このことが
「撮影を楽しいものにする」
と思っています。

お宮参りや七五三は
一生に一度だけの大切な記念日。
私たちは
お祝いの気持ちを携えて
いつまでも心に残る
佳き日のお手伝いをさせていただきたいと
強く願っています。


◎悩まれた際はいつでもご相談ください◎
↓ お友だち追加して
お問い合わせはLINEでお気軽に。
CLOSE