夏のお宮参り いつにする?なにが必要?

蒸し暑い季節になりましたね。

梅雨が明けると本格的に夏がやってきます。



LIFESNAPでは

夏生まれのお子さまのお宮参りや、

海外にお住まいのご家族が帰郷される時期の

夏の出張撮影のご依頼にも

お伺いしています。



夏生まれの赤ちゃんのご家族は

お宮参りの時期に

悩まれることがあるかもしれません。



お宮参りは

一般的に生後30日前後の気候の良い日に

おこなうと言われていますが、

5〜8月生まれのお子さまは

梅雨や猛暑と重なってしまうため、

赤ちゃんやお母さんの体調をみながら

時期をずらしても良いかもしれません◎



最近ではお宮参りの時期を後ろにずらして、

お食い初めと一緒にされる

ご家族も増えていますね。



ちなみに…

LIFESNAPには

「7月末の暑い日にお宮参りしました」

というスタッフもおります。



そこで、

夏にお宮参りをされるご家族に

少しでも参考になれば…と

暑い季節のお宮参りについて

お話したいと思います。




「どうする? 夏のお宮参り」



何を着る?


主役の赤ちゃんは…

ベビードレスまたはよそ行きロンパース+お祝い着(産着)という組み合わせが多いようです。
赤ちゃんは自分で体温調整ができないため薄手のもの、通気性の良いものがおすすめです。お祝い着を着用される場合は、夏用の『単衣(ひとえ)』や『絽(ろ)』の産着にしてあげると、赤ちゃんも涼しく過ごしやすいかと思います。


→お祝い着は必要?
お宮参りで、お子さまにお祝い着(掛け着・産着)を掛けて抱っこしているシーンを見かけたことがあると思います。お祝い着のご準備方法は、新調されたり、レンタルされたり、ご家族で受け継がれたお祝い着を用意されたりなど、みなさまそれぞれのようです。
お参りに必ず必要ということはありませんが、せっかくの機会ですので、一度ご検討されてみるのもおすすめです◎

夏のお宮参りの場合は、記念撮影やご祈祷の時だけ着用するなど、熱がこもらない頻度で掛けてあげると良いかと思います。



ご家族は…

赤ちゃんにあわせて、お母さまやご祖母さまなどもお着物で撮影されることもあるかと思います。暑い季節に適した『単衣(ひとえ)』や『絽(ろ)』の着物などは、フォーマルシーンにもお召しいただけます◎


→暑いので着物でなくても◯
着物でのお写真も素敵ですが、和装でなくても大丈夫です。よくお見かけするのは、お父さまはスーツ、お母さまはワンピースやセレモニースーツ等です。生後間もない赤ちゃんは授乳間隔が短いため、前開きタイプの授乳しやすい服装が安心ということもあります。



もしも、
「夏のお宮参り、着物で写真を撮りたい」
「夏用の着物や産着についてもっと知りたい」
などのご希望がありましたら
夏の着物について、もう少し詳しく
こちらでご紹介しています▽


 今なら夏用着物の宅配レンタルを
 LIFESNAPがアシスト
 (最大5,000円補助)します!


ぜひチェックしてみてくださいね◎





あると便利な持ち物は?


授乳ケープや抱っこ紐、タオル、着替え。
赤ちゃんが、ご機嫌ななめだったり
ずーっと眠っていたり…は、
よくあることですが、
撮影が予定より長くなることも考慮して
オムツやミルク・哺乳瓶、
必要に応じてお湯・湯冷ましは
余分に用意されると安心です。
ご家族の水分補給も忘れずに◎

暑さ対策の日傘やハンディファン、保冷剤
新生児も使える日焼け止めや
虫除けなども、撮影の合間にあると助かります。



当日の流れは?


ロケーション撮影をされる場合は、
できれば日差しがやさしい午前中に
木陰や風通しの良い場所を探して撮影します。


LIFESNAPには、
ご希望の2カ所で撮影いただける
2ロケーションプランがあります。
熱中症などを考慮し、
屋外での撮影は短めにして、
涼しいお食事処やご自宅などに移動してから
ご家族の自然な様子や、
赤ちゃんのかわいい表情を撮影するのも
おすすめです。



暑い中、赤ちゃんを抱っこしてのお参り&撮影は
ちょっぴり大変ですが、
緑が映える爽やかな写真と
ご家族の初々しい思い出が残る
素敵なお宮参りになりますように・・・




夏のお宮参りや出張撮影について
ご相談はお気軽に

》LIFESNAP公式LINE



CLOSE