News & Blog

LIFESNAPが考える3密回避で
安心安全の出張撮影

緊急事態宣言が解除され
1か月以上が経ちました。
解除後は平年より多くのご依頼をいただき
おかげさまで
たくさんの撮影に伺っています。

長引くコロナ禍で
ハレの日を迎えられるご家族に
私たちができること
一緒に考えられることを
ここでお伝えしたいと思います。

お客さまに安心安全に
撮影を楽しんでいただくために
LIFESNAPができることは、

「3密を避ける」
「衛生管理の徹底」

この2つの対策をバージョンアップ
することだと考えます。
3密を避ける

屋外での撮影が主な出張撮影では
「換気が悪い密閉空間」は
生まれづらいと考えていますが、
寺社などのロケーションの場合
混雑状況によっては3密になってしまうかも……
とも思います。

そこで、私たちの出張撮影では、
お参りの自然な流れを大切にしながらも、
カメラマンがまわりの混雑状況を見つつ
撮影をご提案・進行させていただきます。

もともとカメラマンは
お客さまとの待ち合わせ時間よりも
30分前に現地に到着して
撮影場所の確認をしていますが、
コロナ以降は3密を避けることも頭に入れて
確認するように心がけています。

さらに、これまで多くの撮影に
携わってきた経験から、
寺社が混雑しづらい日程の選び方や
土日でも比較的空いている時間帯など、
お客さまのお悩みにお答えすることもできます。

実際、例年は土日祝に
ご依頼が多い七五三ですが
この秋の出張撮影のご予約状況を見ると
混雑を避けたいとのお客さまのご要望で
平日にも多くご依頼をいただいています。
このようなお客さまの傾向などもお知らせしつつ
撮影のご不安を少しでも解消できれば
と思っています。
→LINEでのご相談は「友だち追加」でこちらから

衛生管理の徹底

一生に一度の記念日にお伺いする私たちは
日頃から特に健康管理には気を使っていますが、
コロナ以降は、こまめな手洗い・うがいはもちろん
必ず消毒剤を携帯するようになりました。
あわせて、撮影前後の検温、
風邪の諸症状(咳、倦怠感等)のチェックなど、
体調管理体制を一層徹底しています。
カメラマンはマスク着用の上、
ソーシャルディスタンスも保っていますので、
ご安心しておまかせください。
寺社もコロナ対応されてます

ご祈祷を予約制にしたり
ご祈祷時の人数制限を設定したり、
寺社さまも3密を避ける工夫をされています。
衛生管理のため、手水所を使用しないようにしたり
鈴紐を撤去するなどの取り組みも見られます。
コロナの状況によっても変化がありそうですので、
撮影前にご確認いただくと安心です。

感染対策へのご協力のお願い

撮影当日の朝の検温、
撮影前後のマスクの着用など
お客さまにも
感染対策へのご協力をお願いしています。
当日の朝まで無料で変更可能ですので
発熱などの体調不良時は、
無理をせずに日程変更をお願いします。
また、髪の毛などの身だしなみ、
お子さまのお口やお鼻まわりのお手入れは
カメラマンが直接触れる機会を
できるだけ減らすため、
お客さまにご対応をお願いいたします。
一生に一回の記念写真だから

七五三もお宮参りも
一生に一回の大切な大切な記念日。
LIFESNAPのカメラマンは、
「撮影」だけでなく
「思い出を作るお手伝いをしている」
という熱い思いをいつも胸に秘めています。

そして何より
私たちLIFESNAPは、お客さまに
安心して撮影にのぞんでいただきたい。
いつも安心安全を胸に
お客さまに寄り添っていける
LIFESNAPであり続けたいと思っています。
◎悩まれた際はいつでもご相談ください◎
↓ お友だち追加して
お問い合わせはLINEでお気軽に。

※厚生労働省による3密とは
「換気が悪い密閉空間」、「人が集まって過ごすような密集場所」「不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面」をいいます。

CLOSE