News & Blog

LIFESNAPにかかわる人に会いにゆく:家具を作る人・石川寛之さんインタビュー01

 - 01「インスタでLØKKEとLIFESNAP、運命の出会い」 02「奥様と二人三脚/『ひとりデンマーク』やってます!」 03「家具も写真も人生の節目に登場」 04「家具ができるまで」 05「オークって知ってる?」 06「家族につながるフォトフレーム/さいごに」  お客さまのご自宅にお伺いしての撮影の際に 以前撮影させていただいた写真を 飾ってくださっていて、それを 目にすることが多くなってきました。 お客さまの日常に写真が共存し 大切にされているのを見て 嬉しい気持ちでいっぱいに。 そこで、写真のプリントとフォトフレームを セットにしてご提案できないかと 考えるようになりました。  大切なお客さまに写真同様 満足いただけるフォトフレームを提供したい! 妥協はしたくない! しかし、フォトフレームに関しては素人の私たち。 構想スタートから試行錯誤を続け 気が付けば、3年の月日が流れてしまいました。  私たちの求めるフォトフレームは 「ご自宅で、ご家族と長い時間を共にするフォトフレーム」 ・どのご家庭の雰囲気にも合うシンプルなデザイン ・温かみのある木の質感 ・長い年数飾っていただける高品質な仕様  3年目にして、ルークさんと出会います。 私たちの細かい希望を聞き、 木の知識を一から丁寧に教えてくださり 職人の目線でできることをご提案いただき ついに、フォトフレームが完成しました。  2019年の秋、名古屋までルークさんに会いに行った時の インタビューのすべてを全6回でお届けします。 インタビュアーは カメラマンの富井とスタッフの今関です。  <石川寛之さんプロフィール> 1980年宮城県生まれ。2013年LØKKEとして家具を作る人になる。https://www.lokke-furniture.com 「家族の
01「インスタでLØKKEとLIFESNAP、運命の出会い」
02「奥様と二人三脚/『ひとりデンマーク』やってます!」
03「家具も写真も人生の節目に登場」
04「家具ができるまで」
05「オークって知ってる?」
06「家族につながるフォトフレーム/さいごに」

お客さまのご自宅にお伺いしての撮影の際に
以前撮影させていただいた写真を
飾ってくださっていて、それを
目にすることが多くなってきました。
お客さまの日常に写真が共存し
大切にされているのを見て
嬉しい気持ちでいっぱいに。
そこで、写真のプリントとフォトフレームを
セットにしてご提案できないかと
考えるようになりました。

大切なお客さまに写真同様
満足いただけるフォトフレームを提供したい!
妥協はしたくない!
しかし、フォトフレームに関しては素人の私たち。
構想スタートから試行錯誤を続け
気が付けば、3年の月日が流れてしまいました。

私たちの求めるフォトフレームは
「ご自宅で、ご家族と長い時間を共にするフォトフレーム」
・どのご家庭の雰囲気にも合うシンプルなデザイン
・温かみのある木の質感
・長い年数飾っていただける高品質な仕様

3年目にして、ルークさんと出会います。
私たちの細かい希望を聞き、
木の知識を一から丁寧に教えてくださり
職人の目線でできることをご提案いただき
ついに、フォトフレームが完成しました。

2019年の秋、名古屋までルークさんに会いに行った時の
インタビューのすべてを全6回でお届けします。
インタビュアーは
カメラマンの富井とスタッフの今関です。

<石川寛之さんプロフィール>
1980年宮城県生まれ。2013年LØKKEとして家具を作る人になる。https://www.lokke-furniture.com
「家族の"追っかけ"」という言葉が添えられた、石川さんのインスタグラムishikawa.boyからはあたたかな視線が伝わってきます。

01「インスタでLØKKEとLIFESNAP、運命の出会い」

今関:最初にLØKKEさんを知ったのはインスタグラムからだったんです。

石川さん:そうなんですか! どうやってLØKKEを知っていただいたのかなって思って、それをお聞きしたかったんですよね。

富井:実はこの3年位ずっとフォトフレームを試行錯誤していて、あちこち探したり作ってみたりしていたのですが、なかなかLIFESNAPのお客さまにお届けしたいと思えるようなものに出会えなくて……。そんな時にインスタで石川さんと奥さまのお写真を偶然拝見して、ホームページも拝見したらそこにフォトフレームのお写真が! 「これだ!!」という流れでした。

石川さん:ありがとうございます。嬉しいです!

今関:LØKKEさんに出会えて、私たちも本当に嬉しいです! 
 - 今関:さっそくですが、「ルークファニチャー」というお名前の由来を教えていただけますか?  石川さん:「ルーク」はデンマークの言葉で「わっか」という意味です。デンマークという国は家族や家族の時間を大切にするという印象がすごく強くて、僕はすごく好きなんです。家具を作るときに、家具が主役になるのではなくて、できれば主役は「家族の生活」で、家具は「家族のための道具」であって欲しい。主張するのではなく、名脇役であれと言う感覚が強いです。なので、家と家族とその生活というのを、ただいまからおやすみまで一つの線でつないで欲しい。そしてそれが長く続けばいいなと、ループで続けばいいなという思いを込めました。デンマークの「わっか=ルーク」と言う言葉を借りて、家族の幸せとか、ベクトルを内側に向けた良いループが生まれるといいなという願いも込めました。  今関:なるほど、素敵ですね!  -  -
今関:さっそくですが、「ルークファニチャー」というお名前の由来を教えていただけますか?

石川さん:「ルーク」はデンマークの言葉で「わっか」という意味です。デンマークという国は家族や家族の時間を大切にするという印象がすごく強くて、僕はすごく好きなんです。

家具を作るときに、家具が主役になるのではなくて、できれば主役は「家族の生活」で、家具は「家族のための道具」であって欲しい。主張するのではなく、名脇役であれと言う感覚が強いです。

なので、家と家族とその生活というのを、ただいまからおやすみまで一つの線でつないで欲しい。そしてそれが長く続けばいいなと、ループで続けばいいなという思いを込めました。

デンマークの「わっか=ルーク」と言う言葉を借りて、家族の幸せとか、ベクトルを内側に向けた良いループが生まれるといいなという願いも込めました。

今関:なるほど、素敵ですね! 
 - 今関:ところで「ルークファニチャー」はどのような経緯でスタートされたんですか?  石川さん:さかのぼると、父の実家が建具屋なんです。僕が小さい頃から父がDIYをしてくれて、その影響で小学生の頃には自分で作ろうって決めてたところがありました。それをやるために、まずはじめにホームセンターに勤めて、道具を知ったり量産家具のメリットやデメリットを学びました。次は一生ものの木の家具屋さんに。そこから広告代理店に勤めて、サイト編集や金額、相場の勉強をしました。営業では経営者の方とお話する機会も多くて、お店の立ち上げやお客さまへの接し方などを聞くことができて魅力的でした。そして次は住宅の営業に入りました。その後、家具を作るための学校に行って、名古屋の工房で修行させてもらって、2013年に「ルークファニチャー」誕生となりました。    -  -
今関:ところで「ルークファニチャー」はどのような経緯でスタートされたんですか?

石川さん:さかのぼると、父の実家が建具屋なんです。僕が小さい頃から父がDIYをしてくれて、その影響で小学生の頃には自分で作ろうって決めてたところがありました。

それをやるために、まずはじめにホームセンターに勤めて、道具を知ったり量産家具のメリットやデメリットを学びました。次は一生ものの木の家具屋さんに。そこから広告代理店に勤めて、サイト編集や金額、相場の勉強をしました。営業では経営者の方とお話する機会も多くて、お店の立ち上げやお客さまへの接し方などを聞くことができて魅力的でした。そして次は住宅の営業に入りました。

その後、家具を作るための学校に行って、名古屋の工房で修行させてもらって、2013年に「ルークファニチャー」誕生となりました。


 - 富井:では、家具の会社を立ち上げるっていう目標はずっと前からあって、そのためにずっとプロセスを踏んでいったっていうことですか?  石川さん:そうですね。どちらかっていうとその逆算で、自分の夢のためには何が必要かっていうことを考えて「これやっておこうかな」「これは必要かな」とか、途中で教えていただいたりしながら「ちょっとまだ早いかな」なんて、考えながらやってきたって感じです。  富井:なるほどですね。  (次回02「奥様と二人三脚/『ひとりデンマーク』やってます!」へ続きます) -  -
富井:では、家具の会社を立ち上げるっていう目標はずっと前からあって、そのためにずっとプロセスを踏んでいったっていうことですか?

石川さん:そうですね。どちらかっていうとその逆算で、自分の夢のためには何が必要かっていうことを考えて「これやっておこうかな」「これは必要かな」とか、途中で教えていただいたりしながら「ちょっとまだ早いかな」なんて、考えながらやってきたって感じです。

富井:なるほどですね。

(次回02「奥様と二人三脚/『ひとりデンマーク』やってます!」へ続きます)
CLOSE